http://sales-force.me/ 情報商材詐欺被害者を食い物にする?  正体は何か? 実態は三木本こと中井忍氏が運営する個人面談スクールですね?! 中井忍氏って既に詐欺師認定されてますね!!

 販売者 商材情報

■商材名
商材無し(仮に中井忍式面会塾とする)

■ノウハウ提供者
中井忍

■販売会社
特定商取引に基づく表記なし(これで詐欺だと分かります)

■運営責任者
表記無し

■販売サイト
ttp://sales-force.me/

■価格
70万円。

■ミナミの評価
名前も名乗れない詐欺師認定された方が行う「面会塾」いうまでもなく危険です。

 中井忍氏が運営する個人面談スクールをレビューする

お知らせ
この記事は「誹謗中傷」や「名誉棄損」を目的として書いてはいません。記事に書かれた内容は全て証拠に基づいて書かれています。この記事の内容は公益を図る目的で書かれています。

(12月11日追記)
中井忍詐欺被害が増えても困るので、Urlの先頭のhを消すことにしました。
(ここまで追記)

情報商材暴露返金請求掲示板の中に詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板というリンクが貼ってあったのでなんとなく見てみました(今まではUrl書いてありましたが、詐欺被害者が増えても困るので消しました)。ページ自体はWordPressで作ってあるようなので、ブログですね。で、ブログの管理者にしか書き込めない右側の「プラグイン」部分に、ttp://sales-force.me/というアドレスの書き込みがあり、説明があります。

このようなネットビジネスがあることを知り、試しに参加したところ、効果の出るネットビジネスだと知り、続けています。(正直、月50万くらいなら初心者でも2か月あれば達成できる数字だと考えます。)被害金を取り戻すことは困難です。ネットビジネスで取り返す手段があることはぜひ知っておいてください。詐欺にあった私はこのネットビジネスを知ることができ、ある意味ラッキーだったというわけです。
と書いてありますが、全部嘘です。
監理者画面に書いてあるところが稚拙ですね。つまり自作自演。それもそうとうタチの悪い方のようです詐欺にあった私ではなく、詐欺を行った私が詐欺被害者を食い物にしよう、という魂胆です。
 
こんにちは。詐欺・悪徳商材を糾弾しノーリスクのネットビジネスを考える会のミナミです。

このランディングページ(もともとはURLしか貼ってない)、http://sales-force.me/では分からないと思っていたら、情報商材 ネットビジネス 総合掲示板中井忍という人物の詐欺行為だというスレッドがありました。⇒詳細はこちら

この方、詐欺被害にあった被害者から、さらに巻き上げよう、という魂胆らしく、あちこちにこの方と思われる書き込みが見られます。このページなんか自作自演くさいですねえ⇒詳細はこちら

他にもこの方の作成と思われる掲示板やスレッドがありますから、ご注意ください。数が多すぎて、ミナミもチェックしきれません怪しいページはいっぱいあります。この1名様限定オファーですが、詐欺臭ぷんぷん匂ってます。ランディングページには、

名前は谷口と言います。仮名です(^^;;一応資産家ですのでセキュリティ上仮名とさせていただきますね。実名と住所はこのビジネスに参加され、希望の方だけに教えますね。
と書いてありますが、本名書いたら、すでに詐欺師認定されているので、誰も乗ってこない事が分かってるんでしょうね、ご自分でも。
情報商材 ネットビジネス 総合掲示板の記事ですが、ズバリ、
三木本こと中井忍逮捕に向けて、情報をお寄せください!2013/05/09です。
本文は以下に引用します。
ヤフオク情報商材販売者、中井忍逮捕に向けた被害者統合の呼びかけになります。
※中井忍とは?※
中井忍とは、直接指導、会って教える系の商材を販売する悪質な情報販売者になります。

・日本最大級の情報商材レビューサイト 三木本
ttp://www.no1-reviewer.com/
・情報商材暴露and返金掲示板
ttp://henkin.bbs.fc2.com/
・ヤフーオークション・ヤフオク情報商材暴露公開掲示板
ttp://jbbs.livedoor.jp/internet/1776/
・儲かる情報商材を暴露する裏サイト!byミサミサ
ttp://misa-liberty.com/
・他にも各種返金、被害者の会を名乗る下記のような掲示板
http://travel-journal-tour.net/bbs/board/
http://soudansiyou.net/17901/
上記のような掲示板もすべて中井忍が自身の詐欺商品を売り込むために
巧妙に操作されている掲示板になります。

そして、下記のような自分の商品のステマサイトを
商品ごとに量産しています。
子育てのブログ 
ttp://ameblo.jp/aka-chanblog/
ラーメン通のブログ 
ttp://ramenmeguru.seesaa.net/
ナンパマニアのブログ 
ttp://blog.livedoor.jp/lifenanpa/
キャッシングのブログ 
ttp://hensainikki.cocolog-nifty.com/
旅人のブログ 
ttp://www.tabidaisuki.com
ttp://blogs.yahoo.co.jp/mzrjj8987/858351.html
ttp://miyaguchi-ya.com/
ttp://www.fukublo.com/
ttp://sagidata.com/
ttp://www.kutikomiblog.com/
ttp://sinpyouha.web.fc2.com/
ttp://jouhoudx.com/
ttp://kazushou.jugem.jp/
ttp://nikki-net.com/?cat=12
ttp://onayamifree.info/?cat=16
ttp://blog.livedoor.jp/chaocho7/archives/cat_157539.html

※これらのサイトを見たい方は、
URLの頭に h の文字を入れて検索すれば見れます

最近は、少額訴訟を避けるために少額訴訟の範囲外の金額となる60万以上の商品をメインで売りつけているようなので、注意してください。まずは、騙された方がいましたら泣き寝入りせず、返金に向けてすぐに行動を起こしましょう!大規模被害者の会設立に向けてご協力いただければと思います。


引用が長くなりましたが、ミナミが怪しいと感じた「詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板」も既にここに書かれていたんですね。すでに詐欺師認定済であるという事です。
この三木本こと中井忍逮捕に向けて、情報をお寄せください!2013/05/09」を書かれた方の情報はかなりの精度で高いです。ミナミも確認しました。自作自演スパムサイトがいっぱいある。

ttp://sales-force.me/(商材名なし)、特定商取引に基づく表記なし。怪しいですね。

怪しいので調べてみました

そもそも、ドメインが何故.meなのか疑問に思います。調べてみましょう。ふくえもんという方の「ITのビジネスモデルを分析」というページからの引用です
「.com」から「.me」へ元々はモンテネグロの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)でしたが、短くて覚えやすく、「私」という意味を示すドメイン名でもあるので人気が出て使うサイトが増えてきたためGoogleから正式にジェネリック国別コード トップレベル ドメイン(gccTLD)に指定されました。
LINEも使用する新しいドメインという事で、広く使われている模様です。.meだから怪しいわけじゃないというワケです。気になるので、IPアドレス検索すると「モンテネグロ」と出ますね。LINEでも試してみました。http://line.me/LINEも「モンテネグロ」と出ますね。
 
では、ドメイン情報はどうかと思い、「Whois」使って、ドメインの情報探ってみました。まずLINEです。
ドメイン名もLINEですね。会社名もLINEだし住所も日本です。.meなんて変なドメインでも通用するんですね。知らなかったミナミは鈍いんでしょうか。次にttp://sales-force.me/です。
会社名はありませんね。何故か住所は「Registrant Street: ootemachi1-5-1Registrant Street: first-square4FRegistrant City: chiyoda-kuRegistrant State/Province: tokyo」で東京都になっていますが、管理者名がタカシ・タニグチになっていますね。ドメインって仮名で借りられるんですかね?自前のサーバー立ててはいないと思うし。中国あたりのプロキシかませてアドレス偽装している可能性もありますね。最後は詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板です。
詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板のドメインの国情報がAUになっています。また、Registrant Name:は空白ですね。何故、日本国内の詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板のドメインがオーストラリアである必要があるんでしょうか?
答えは詐欺師が運営しているから、でしょうね。

ttp://sales-force.me/(中井忍式面会塾とする)をレビューする

年収1億円もある資産家なら、こんなところで詐欺なんてやらなくてもよさそうなものなんですが?この画像にも過去の不幸自慢が載っていますね。詐欺師の方の鉄板ですね、もはや。
サイトを巡回し、コピペし、報酬を受け取るんですか。
典型的な詐欺師の売り言葉ですね。コピペで稼げるほど世の中甘くないですよ。
みなさんもお分かりですよね。こういう方々のやり口。殆ど同じ。
■あなたはなにもしなくていい
■コピペするだけ
といった類のもの。殆ど全てが詐欺です(全部とは言いませんが)。

この方の過去にどんなランディングページがあるのかは知りませんが、今回のページでは具体的な作業内容というかノウハウというような気配もありません。
ただ、対面で「レクチャー、そして徹底サポートが付いてこの価格(70万円)」と言ってるだけです。こんなぺらぺらのランディングページで客がつくと思ってるんだろうか?
住所はドメイン情報と同じようですね。65万円持ってこいって強気ですね。予約の段階で5万円必要だから、この方の言う通り70万円必要になります。
いちいち小出しにして、その都度お金を取るってんですね。面倒くさい詐欺師だ。

何故、逮捕されないのか?

情報商材ネットビジネス 総合掲示板中井忍という人物の詐欺行為というスレッドの日付が2013年5月9日なのに、まだ逮捕されないで活躍してるんですね。にわかには信じたくない現状ですが、この方(中井忍巧妙な手口逮捕に至らないように、対策していたようなんです。その方法が、少額訴訟を起こされても、素直に負けて、返金する、というもの。ですから、詐欺師になる前に逃げる事ができたんですね。
この方のブログ読むと色々と面白いですが、被害者にとってみれば、こんなふざけた話もないわけです。
 
で、今回話題にしているttp://sales-force.me/(中井忍式面会塾)も今までと同じ手口です。直接対面して、コンサルティングみたいな事をするわけで、方法論は学習していないですが、金額は(少額訴訟をおこされないために)高くなっています。70万円です。
面談予約に5万円+交通費。対面後35万円支払い。契約成立30万円。合計70万円です。
 
まとめると、この中井忍という方は、言葉巧みに掲示板でカモが書き込むのを待ち情報弱者が食い付いたら自作自演の掲示板で巧妙にに訪問者の動揺を利用し、被害者意識を煽り、つい信じた情報弱者に付け入って、儲け話に誘いこむ。こんな手口で詐欺行為働いてるんです。
 
中井忍以前は三木本という名前で詐欺行為働いていたようです。検索すれば見つかるでしょう。もはや面倒なのでミナミは検索したくもありません。
 
この妙なオファー、ミナミとしては詐欺師認定済みの方の対面高額塾関わればあなたはカモにされるだけ。時間とお金の無駄であり、精神的にもダメージを負うでしょうからお勧めしません。詐欺商材だと断定します

アフェリエイトは、ヤフオク転売のようななかなか稼げないものではなく、
初心者でも資金ゼロで、
リスクもほとんどなく確実に稼げるビジネスモデルです。
確実に稼ぎたいのでしたら、ミナミは
情報商材アフィリエイトまたはノーリスクのネットビジネスをお薦めします。
ミナミにご質問などございましたらメールを下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする