ノアコイン ノアファウンデーション 詐欺仮想通貨完全終焉 暴かれた仮想通貨詐欺の手口を再検証します!!

販売者 商材情報

■商材名
ノアコイン・ノアプロジェクト・億万長者量産プロジェクト

■ノウハウ提供者
NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.及び泉忠司

■運営会社
NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.及び株式会社 泉忠司事務所

■運営統括責任者
NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.は特定商取引法に基づく表示がないので不明。
億万長者量産プロジェクト・
泉忠司

■オファーサイト 
https://noahcoin.org/
http://izumi-tadashi.net/index.html

■価格
通常価格
プレセール第二期・1口USD1000ドル
億万長者量産プロジェクト
100万・300万・1000万コース
100万円(120万円相当のNOAHコイン)
300万円(400万円相当のNOAHコイン)
1,000万円(1,500万円相当のNOAHコイン)

■ミナミの評価
ノアコインは何度もレビューしましたが、完全に詐欺であったと言う結論が出たので改めてレビューをいたします。

ノア・プロジェクトは嘘のかたまり


この画像は「Japan Noahcoin Store」からキャプチャしてきたものですが、今でもこの画像は貼られたままです。いいんでしょうか?なにしろここで、プロジェクト運営元として紹介されている「ALLED SAVINGS BANK(現在はフィリピン・ナショナル・バンク)」までもが「ノアプロジェクト」との関与を否定しているんですから。

事の発端はフィリピン大使館が「ノアコイン」及び「ノアプロジェクト」はフィリピンの国家事業ではないという通知を出したところから始まっていますね。

ノアコイン」及び「ノアプロジェクト」はフィリピンの政財官及び民間の集合体で行われる市場規模6000兆円の大プロジェクトであると豪語なさっていたんですが、ここに来て風向きが完全に変わりました。泉忠司はビットコインのように120万倍にもノアコインが値上がりすると言う錯誤を読者に植え付けようとしていたという事実がありますが、それらは全て根拠のないものであることが証明される事になりました。ネット上に以下の記事が発表されてから、泉忠司が協賛であると言っていた各企業がこぞって否定しはじめたのであります。まず以下の記事を再度読んでください。

ここでは泉忠司はこう語っているようです。引用します。

僕はNOAH FOUNDATION及び、NOAH GLOBAL INNOVATIONのメンバーではなく、外部の賛同者です。ノアプロジェクトのヴィジョンに共鳴し、ノアコインの世界を変えるポテンシャルへの期待から、自主的に意見を発信する形で協力しているだけで、代理店契約など結んでもいなければ、ノアコイン販売に対するコミッションも1円も受け取っていません。

これは事実と異なる発言です。「億万長者量産プロジェクト」は泉忠司が主導して行われたプロダクトローンチであるという事実は動きませんし、そこにかかれた特定商取引法に基づく表示は偽りを述べているので信用するに値しません。その上、「両替さえしておけば億万長者」と言ったのは他ならぬ泉忠司さんですよね?

で、その「ノア・プロジェクト」は「ALLED SAVINGS BANK(現在はフィリピン・ナショナル・バンク)」や「フィリピン航空」が協賛企業であるとも言っています。前回の泉忠司のレビューをご覧ください。動画でいろんなこと語っています。

そして「億万長者量産プロジェクト」のレビューです。

両方、読んでいただくと大体の流れはお分かりいただけると思うんですが、ここで泉忠司とノア・ファウンデーションが拠り所としていた、協賛企業がこぞって正式に否定し始めたのです。

「協賛企業」からの公式否定記事

ALLED SAVINGS BANK(現在はフィリピン・ナショナル・バンク)」はウェブサイトに公式に否定コメントを載せましたし、詳細な否定記事も掲載しています。以下、その画像です。

これは「ALLED SAVINGS BANK(現在はフィリピン・ナショナル・バンク)」はウェブサイトのトップページですが、そのお知らせの欄を拡大するとこんな具合です。

「OFFICIAL PRESS STATEMENT」に「The Philippine National Bank (PNB) and its subsidiaries and affiliates, including PNB Savings Bank, ARE NOT IN ANY WAY CONNECTED to the following entities and/or projects:
– Noah Project
– Noah Foundation
– Noah Coins
Click here for details.」
と書かれています。翻訳してみましょう。

「PNB貯蓄銀行を含むフィリピン国立銀行(PNB)およびその子会社および関連会社は、以下の事業体および/またはプロジェクトにいかなる方法でも関与していません。
– ノアプロジェクト
– ノア財団
– ノアコインズ
詳細はこちらをクリックしてください。」との事で肝心のスポンサーに公式に否定されてしまいました。さらに公式にこういう文書を公開しています。

内容は殆ど同じですが、確認してみましょう。「OFFICIAL PRESS STATEMENT」「The Philippine National Bank (PNB) and its subsidiaries and affiliates, including PNB Savings Bank, ARE NOT IN ANY WAY CONNECTED to the following entities and/or projects:
Noah Project Noah Foundation Noah Coins
PNB Director Lucio C. Tan or any of the directors, officers and staff of PNB, is likewise NOT AFFILIATED with the above-mentioned entities/projects.
PNB HAS NOT AUTHORIZED any member of the above-mentioned entities/projects to represent the Bank or any of its executives and employees in the sale of any product or item or in the solicitation for sponsorships.
Rest assured that PNB and the LT Group of Companies shall not hesitate to take any and all appropriate legal action to address this misrepresentation.
Thank you.」で、翻訳してみます。
「PNB貯蓄銀行を含むフィリピン国立銀行(PNB)およびその子会社および関連会社は、以下の事業体および/またはプロジェクトにいかなる方法でも関与していません。
ノアプロジェクトノアファンデーションノアコインズ
PNBディレクターのLucio C. TanまたはPNBの取締役、役員およびスタッフのいずれも、同様に、上記の事業体/プロジェクトと提携していません。
PNBは、上記のエンティティ/プロジェクトのメンバーを、当行またはその役員および従業員のいずれかが商品またはアイテムの販売またはスポンサーシップの勧誘を代表するために代表しているとは認めていません。
PNBおよびLTグループは、この虚偽の記載に対処するために、あらゆる適切な法的措置を取ることを躊躇しないことを保証します。
ありがとうございました。」

泉忠司は「フィリピン・ナショナル・バンクを傘下に収めるLTグループの総裁で、フィリピン・エアラインの大株主である大富豪も協賛メンバーの一人」だと言っていましたが、それは上記に現れる「Lucio C. Tan」氏であります。その方が関わっている「ALLED SAVINGS BANK(現在はフィリピン・ナショナル・バンク)」によって正式に否定されてしまいました。

さらに、先ほど紹介した記事には「フィリピン・エアラインの日本事務所の担当者も、筆者の取材に「(ノアコインについては)全く聞いたことがない」と証言するのだ。」という証言を挙げられていますので、泉忠司の発言は二重、三重に否定されているのです。

「NOAH Foundation」のウェブサイトに以下の投稿がされました。これが事実かどうかは何れ分かる事ですが、こんな事いってます。「NOAH Foundationの構成メンバーは?」という記事です。

(5月4日更新)
表題の記事に関しましては、公式NOAH PROJECTサポート事務局に確認を取っている状況です。正式回答があり次第、ノアコイン代理店として正確な情報をUPさせて頂きますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

(5月5日更新)
以下、正式回答がありましたのでUPさせて頂きます。

『フィリピン航空とは問題なく話し合いが進んでおり、具体的な条件を詰めている段階ですので、当然本契約前に一般公開されることはありませんし、問い合わせても回答してもらえません。

本契約が締結されたら正式にNOAH Foundationから発表されますのでご期待ください。

NOAH PROJECTは、ブロックチェイン技術によりソーシャルイノベーションを起こし、世界の格差問題の解決を目指しています。

ともに、次世代につなげるより良い社会を目指していきましょう。』

今後はノアコイン代理店としてNOAH Foundationからの正式情報のみを発信し、ユーザー様に迷惑が掛からないよう努めていきたいと思います。

今後はノアコイン代理店としてNOAH Foundationからの正式情報のみを発信し」、と書いてある意味は何なんでしょうか?過去の記事は余程いい加減な情報元からの記事だという意味でしょうか?情報元は泉忠治だとしか思えないんですが。何れにしても、この発言は覆される恐れはあっても本当の事になる事はないだろうと思われます。

詐欺コインはどこでも買えます

泉忠司の「億万長者量産プロジェクト」では12万円から1000万円までの販売を行っていますが、「ノアコイン」なんて、どこでも買えます。一番最初に出てきた「Japan Noahcoin Store」でも、「NOAHFOUNDATION」でも買える事は同じです。「億万長者量産プロジェクト」ではDVDを購入して「先行予約枠」をおさえないと売り切れ必定で買えない、と言われた「ノアコイン」はプレセール第二期の現在、誰でも簡単に買えます。そもそも、この発言自体が詐欺行為ですね。

問題は、どこで買っても販売業者がここになってしまう事ですね。

これは以前にも検証しましたが、
「株式会社NOAHマーケティング会社登記情報
法人番号(法人版マイナンバー)
8120001200819
商号又は名称
株式会社NOAHマーケティング
本店又は主たる事務所の所在地
〒540-0026
大阪府大阪市中央区内本町2丁目4番16号」
と言う別会社である事です。何故、「NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.」が販売者でないんでしょうか?中間代理店が多く存在するほど、仮想通貨としての「ノアコイン」の価値は落ちていきます。その上、責任の所在がどんどん曖昧になって行きます。

泉忠司はすでに逃げに入っている?

ネット上には面白い書き込みがあります。泉忠司が販売した過去の商材で、「Xバイナリー」というものらしいですが、2ちゃんねるのスレッドから一部引用します。長いですが、これでも一部です。

そしてサーバー強化後の3月上旬にX-2500がスタートすると、「そろそろ危ない!」という噂がまず飛び交い始めました。 企業が資金調達するには2つの理由がありえます。 一つは、資金繰りが苦しいから。 もう一つは、会社が順調でさらなる発展を目指すから。 一気に参入者が増えて資金が潤沢に入り、 サーバーを強化しているタイミングですから、 Xバイナリーの場合、どう考えても後者でしょう。 実際、「会社として次の成長ステップに入るため」と創業者はおっしゃってました。そして、案の定、パーソナルバイナリーの見直し含めたメンテナンスが始まり、 「3月11日までメンテナンスのため資金引き出しができなくなる」という メッセージが掲示されたことから、 創業者の言うとおり、次のステップに入り始めたと思っていた途端に、 上述したとおり「Xバイナリーが飛んだ!」「破綻した!」との噂が一瞬で広がりました。その後は、V1を止めたまま、V2の稼働が始まりました。 この段階で、僕も創業者とは連絡が取れなくなってしまいました。 トップが変わったという噂を聞きましたが、確かな情報ではありません。 「日本人のデマのせいで・・・」と恨んでるのかもしれませんし、 「それを止められなかったリーダーのせいで・・・」と恨んでるのかもしれませんし、そのあたりは連絡が取れない以上、一次情報を得られないので、何とも分からないところです。いずれにせよ、客観的事実としては、 V1を止めたまま、V2の稼働が始まり、V2は正常に稼動していたということです。 そして、V1も引き出しはできないものの、 「V1に入れている資金等はデポジット分の最後のリターンが支払われた後でV2に移行されます」という メッセージがV1に表示されていて、配当の数値は正常に動き始めていました。この事実から考えると、「きちんと立て直そうとしている」と僕は考えていました。だって、考えてみてください。 飛ぶなら、V2を稼動させるわけないと思いませんか? 飛ぶなら、V1も再稼動させるわけないと思いませんか? サーバー代や運営にかかる費用は莫大ですよ。 V2からは毎日資金の引き出しもできたので、それだけ会社からお金が出て行くのです。飛ぶなら、そんなことしないで、3月11日に飛んでると思いませんか? もっと言うと、2月下旬にサーバー強化などせずに飛んでると思いませんか?(もしかしたら経営陣を変えるなどもして)なんとか立て直そうと頑張ったものの、ついにキャッシュフローが止まり、昨日、本当に飛んでしまったというところでしょう。元はと言えば、きわめて健全で順調な状態だったものを、瞬く間に経営危機にさらしたのは「日本人の噂による取り付け騒ぎ」で、完全に豊川信用金庫事件と同じ状態です。

と、まあ完全に責任転嫁を行っています。「豊川信用金庫事件」の取り付け騒ぎの話を利用して「日本人のデマのせいで・・・」などと言うんですね。みなさんもよくよく覚えておいてくださいね。この論法は「ノアコイン」でも使われる事が予想されます。

なにしろ、現在でも泉忠司は「僕はNOAH FOUNDATION及び、NOAH GLOBAL INNOVATIONのメンバーではなく、外部の賛同者です」などという噓八百言っているワケなんですから。今後の発言に興味を持ちたいものです。

いやはや、嘘ばかりの泉忠司に踊らされて財産失っても誰も責任は取ってくれません。詐欺確定なノアコインからみなさんは早く手を引きましょう。まだ関わっていない方は決して関わらないようにお勧めします。ノアコインは詐欺が確定しました。

アフェリエイトは、ヤフオク転売のようななかなか稼げないものではなく、
初心者でも資金ゼロで、
リスクもほとんどなく確実に稼げるビジネスモデルです。
確実に稼ぎたいのでしたら、ミナミは
情報商材アフィリエイトまたはノーリスクのネットビジネスをお薦めします。
ミナミにご質問などございましたらメールを下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする